訪問看護

訪問看護とは

訪問看護とは

訪問看護とは、介護保険、医療保険などの保険制度を利用した在宅ケアサービスです。※対象外で自費になることもあります。

「病気や障がいがあっても、住み慣れた家で暮らしたい」
「人生の最期を自宅で迎えたい」
と望まれる方が増えています。

「家族だけで介護や医療的ケアができるだろうか」
「一人暮らしだけど大丈夫?」
と不安に思うこともそんな時に頼りになるのが訪問看護です。

在宅で療養生活を必要としている赤ちゃんから高齢者まで、すべての年代の方に安心して生活を送れるように、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が定期的にご家庭に訪問し、看護ケアの提供や療養上の支援などを行います。

当社の特徴

  • ・地域の関係機関との連携もスムーズに行えています。
  • ・研修、勉強会も定期的に実践し、日々のケア実践に役立てています。
  • ・保険外(実費)のサービスは個別に対応してますので安心してご利用ください。
  • ・緊急時の連絡・相談・訪問対応は、365日24時間体制で対応しています。

訪問看護を利用できる方

  • ・年代や性別、病気の内容を問わず訪問看護が必要な方が対象です。
  • ・訪問サービスにつきしては、介護保険や医療保険での利用となります。
  • ・ご利用者様だけでなく支えているご家族様もサポートします。

サービス内容

健康状態のアセスメント

  • ・全身の健康状態(体温、呼吸、脈拍、血圧、体重、筋力、視力、聴力、皮膚の状態、意欲、意思疎通、認知、精神状態、睡眠、栄養状態、排泄状況等)のアセスメント
  • ・病状や障がいのアセスメント
  • ・日常生活に影響を及ぼす要因のアセスメント

病状悪化の防止(予防的看護)

  • ・褥瘡・拘縮・肺炎・低栄養等の予防、健康維持・悪化防止の支援
  • ・寝たきり予防のためのケア

日常生活の支援

  • ・清潔ケア(清拭・入浴介助等)
  • ・栄養管理及びケア(食事摂取への支援・脱水予防等)
  • ・排泄管理及びケア(排泄の自立支援、ストーマ管理、適切なおむつ使用等)
  • ・療養環境の設備(適切な福祉用具の使用等)
  • ・コミュニケーションの支援

入院(入所) 退院(退所)時の支援

  • ・退院(退所)時の連携(医療処置・ケアの引継ぎ、在宅医療・看護体制整備)
  • ・入院(入所)時の連携(在宅での医療処置・ケア等の引継ぎ等)
  • ・相談支援専門員(障がい福祉)、ケアマネジャー(介護保険)等関係者間との連携
  • ・入院病院、入所施設、関係機関等との連携

心理的な支援

  • ・精神・心理状態の安定化のケア
  • ・睡眠等日常生活リズムの調整
  • ・リラックスのためのケア
  • ・希望や想いの尊重、尊厳の維持
  • ・ご利用者様の権利擁護(代弁者(アドボカシー))

認知症者の看護

  • ・中核症状、BPSD(認知症の症状・心理症状)に対するケア
  • ・睡眠、食事等生活リズムの調整
  • ・コミュニケーションの支援
  • ・家族等介護者支援
  • ・環境整備、事故防止のケア

家族等介護者の相談・支援

  • ・介護・介護負担に関する相談
  • ・健康管理、日常生活に関する相談
  • ・精神的支援
  • ・患者会、家族会、相談窓口の紹介

社会資源の活用支援自治体の在宅ケアサービスや保険・福祉サービスの紹介

  • ・民間や関連機関の在宅ケアサービスの紹介
  • ・ボランティアサービスの紹介
  • ・各種サービス提供機関との連絡・調整
  • ・住宅改修、福祉用具導入等の相談助言
  • ・公費負担医療制度、医療費助成制度等の活用支援

医療的ケア

  • ・医師の指示に基づく医療行為(点滴注射、褥瘡・創傷処置等)
  • ・医療機器や器具使用者のケア(経管栄養法管理、様々な留置カテーテルの管理、在宅酸素療法管理、吸引、人工呼吸器使用上の管理等)
  • ・疼痛、血糖コントロール、脱水等の症状マネジメントと医師等への情報提供
  • ・服薬管理
  • ・急変、急性増悪による緊急時対応(24時間体制)
  • ・その他、主治医の指示による処置・検査等

リハビリテーション

  • ・関節拘縮の予防や身体機能の回復
  • ・日常生活で行う基本的な動作(寝返り・起居・座位保持・立位保持・歩行)や日常生活動作(移動・トイレ・入浴・食事等)また応用的動作(調理・掃除・洗濯等)に対するリハビリ
  • ・福祉用具の提案選択と住環境の整備